topimage

話題の海外アニメーション3作品を特集上映!

『マロナの幻想的な物語り』『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』『ホフマニアダ ホフマンの物語』の三作品を12月19日(土)-1月3日(日)東京都写真美術館1Fホールにて上映します。ぜひこの機会に魅力がいっぱいの海外アニメをご覧ください。

スケジュール

12月19日(土)-1月3日(日) 連日13:30/15:30
但し12/21,12/28~1/1 休映

上映スケジュール


前売り鑑賞券

一般大人 1,200円
3回券  3,000円
※3回券ご購入の方に『マロナの幻想的な物語り』クリアファイルを進呈します。(初回入場時に劇場窓口にて)

※前売り券取り扱い所:
東京都写真美術館(休館日があります。ご注意ください。)
e+(手数料0円)

当日券

一般大人 1,500円
学生   1,300円
シニア・障がい者手帳をお持ちの方 1,100円
高校生以下 800円

※1月2日、3日は特別料金(どなたでも1,000円/高校生以下無料)にてご覧いただけます。

『マロナの幻想的な物語り』

『マロナの幻想的な物語り』(公式サイト)
愛とアートがいっぱい詰まったワンコ・アニメーション
TAAF2020グランプリ/東京都選定映画/令和2年8月度文部科学省選定一般劇映画 少年・青年・成人・家族
<2020/ルーマニア・フランス・ベルギー>
日本語吹替え:のん/小野友樹ほか
マロナの幻想的な物語り

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』(公式サイト)
行方不明の祖父を探しに、少女は一人北極を目指す。
2020文化庁メディア芸術祭優秀賞。
高畑監督が称賛した本作もいよいよジブリの森美術館シリーズにてディズニーよりDVD・ブルーレイ発売開始!!
<2015/フランス・デンマーク>
ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん

『ホフマニアダ ホフマンの物語』

『ホフマニアダ ホフマンの物語』(公式サイト)
ようそこ、めくるめく幻想文学の世界へ!
初期チェブラーシカの制作スタジオが15年の歳月をかけて紡ぎあげた長編人形アニメーション。主人公はくるみ割り人形の作者として知られるE.T.A.ホフマン。
<2019/ロシア>
ホフマニアダ ホフマンの物語